白熊でデシート制圧に向かったら結果的に怒られた

Uzuwa@uzuwa)です。現在の【調教】スキル値は64.0。心が折れそうです。

今回は少しでもスキル上げを楽しもうと試行錯誤する、とある占い師の記録をお送りします。




テイムからのマインドブラスト

ティンバーウルフにマインドブラスト

「ティンバーウルフは主人などいない方が良いと考えたようです!」

「Por Corp Wis」

ブラックベアにマインドブラスト

「ブラックベアは主人などいない方が良いと考えたようです!」

「Por Corp Wis」

ハインドにマインドブラスト

「ハインドは主人などいない方が良いと考えたようです!」

「Por Corp Wis」

死屍累々な動物たち

死屍累々……!

スキル値に適した動物を探してはテイムして、リリースして、マインドブラストして。

一連の作業を(スマホで動画を見ながら)淡々とこなしまして、いよいよスキル値が60を超えました。

テイマー修行の楽園であるダガー島(通称・北極)へ渡るときがきたようです!

北極で熊と戯れるヤング

デシートへのルーンブック

ルナ城壁内の「Z@@ Prefab Shop」さん。

エンドレスジャーニーアカウントでは船が使えないため、ダガー島への交通手段はルーンしかありません。

このお店に置いてあるルーンブックから、ダガー島のダンジョン(デシート)に飛びます。

いつも利用させていただいております。ありがとうございます。

ダガー島のポーラーベア

Polar Bear(和名:北極熊)。クマ科クマ属に分類される食肉類。

体長は雄で200cm~250cm、雌でも180cm~200cmだそうです。勝てるわけがない。人間が立ち向かっていい動物じゃない。

というわけで……。

フロストトロルと白熊

テイム後のキル役はフロストトロルさんにお願いすることにしました。

私はヤングなので襲われません。ある意味ではヤングを卒業する前に【調教】スキルを上げ切らねばならないとも言えます。

どれほど徹夜しなければならないのだ。

死屍累々の白熊たち

二度目の死屍累々……!

なんだか白熊が不憫でなりません。主人に忠誠を誓った直後に、主人から突撃命令が下されるのだもの……。

その突撃命令を下しているのは私なのですが、まあ、まあまあまあ……。

白熊戦隊ゴクマジャー

白熊戦隊ゴクマジャー

はい。白熊さんたちにスカッとしていただきましょう。

宿敵フロストトロルをフルボッコするために五匹の白熊に集まっていただきました。

左からシロクマジャー、シロクマジャー、シロクマジャー、シロクマジャー、シロクマジャーです。

記憶が確かならば、同じ種類のペットで戦うとグループパワーで強くなる的なシステムがあった気がします。

フロストトロル対ゴクマジャー

では、長年の恨みを思い知るがいい!

「All Kill」

フロストトロルを瞬殺

瞬殺した。

ゴクマジャーに恐怖を覚えるレベルで瞬殺しました。

あれ……?すごく強いんじゃない……?

白熊でデシート攻略

デシートを初攻略

はい。ブリタニアに異世界転生してから初のダンジョン攻略をしてみましょう!熊で!

あと、一匹にしか見えませんが五匹います。ゴクマジャーが一糸乱れぬ動きのためにそう見えるのです。

マミーを瞬殺

入口付近にいるアンデッド系モンスターなどお話になりません。一瞬で土に帰っていきます。

来世は白熊に転生するといいですね。

デシートの一室を制圧

友情・努力・勝利のパワーで次々とデシートの部屋を制圧していく白熊たち。

強い。強いぞ、ゴクマジャー。

ゾンビの目線に立ってみると、まさに逆バイオハザード状態です。

怖い。怖いぞ、ゴクマジャー。

次の部屋を制圧する白熊たち

で、白熊に恐怖しか湧いてこないスクリーンショットを撮った直後……事件が起こりました。

私は大慌てで常宿へ逃げ帰ることになります。

なぜなら非常に怖い声で「早く寝なさい」と怒られたからです。

おやすみなさい。