砂漠オスタだけどテイマーギルドに入れてもらった

ナイフとランプをカバンに詰め込むのが好きです。Uzuwa@uzuwa)です。

なんとブログのコメント欄からトレジャーハンティングに誘っていただきました。

私のトレハンスペックはこんな感じです。

  • トレジャーハンティングは未経験
  • 複数人での戦闘も初めて
  • そもそも戦闘系スキルが皆無

これは粗相があってはいけない……!




40秒で支度しな

アンブラ西の砂漠

少しでも粗相を減らすべく、まずは徒歩状態を解消したいと思います。

駆け出しテイマーの味方といえば、思い浮かぶのは凶暴オスタ(Frenzied Ostard)です。

が、今回は砂漠オスタ(Desert Ostard)を捕まえます。単純に凶暴オスタだと【調教】スキルが足りないからです。

果たして私をテイマーと呼べるのでしょうか。

とりあえず、アンブラ西の砂漠に生息していた記憶があるので頑張って探します。

砂漠オスタが見つからない

……見つからねえ。画面を最大限に引いてみても発見できません。

見ろ、Uzuwaがゴミのようだ。

とにかく走り回ります。湧き上がる「馬でもよかったんじゃない……?」という感情に目を背けながら。

砂漠オスタを発見

やっとキモかわいいのを見つけた……!

少しでも粗相を減らすべく、「なるべく強い個体を選別しよう!」という気持ちは、とうに失せていました。

もうこの子をテイムします。待ち合わせ時間に間に合いません。

君はトレハンを宝島か何かのように考えているのかね

スカラブレイ銀行前

どうにか10分前に待ち合わせ場所のスカラブレイ銀行前に到着できました。

バンドマンと巨人軍は10分前行動が基本なのです。私は占い師です。

で、ドキドキがとまらない私のところにやってきたのは……。

  • お誘いくださったLey[DF]さん
  • “DragonFang”のギルミスRina[DF]さん
  • ギルドメンバーのRuiRui[DF]さん
  • ブログを見て参加してくださったSIZUさん

そして、紆余曲折ありまして……。

ヤング解除するうづわ

「@ヤング解除」

さようなら、ヤングの私。これでフェルッカに行けるようになりました。モンスターに襲われるようにもなりました。

トレジャーハンティングは甘くはないのです。君はトレハンを宝島か何かのように考えているのかね?

まずはフェルッカにあるLey[DF]さんのお宅にお邪魔します。

Ley家の外装

えええ……。

豪邸すぎやしないか。私が知っているウルティマオンラインと違う……!

Ley家の内装

内装も素敵です。まるで絵画を見ているよう。これぞ西洋ファンタジーです。

そんなこんなで、いよいよトレジャーハンティングに向かいます!地図のレベルは失念しました!

うづわ・トエル・ウル・ラピュタ

トレハン場所に到着

「ウル」はラピュタ語で「王」を、「トエル」は「真」を意味しており、合わせて「真のラピュタ王うづわ」が私の本当の名前です。

二秒前に考えました。

では、王の力を見せて差し上げましょう。

インビジで隠れる

「くらえ!An Lor Xen!」

姿を隠しました(インビジビリティ)。

EVを失敗

「くらえ!Vas Corp Por!」

呪文に失敗……(エナジーボルテックス)。

再びインビジで隠れる

「くらえ!An Lor Xen!」

姿を隠しました(インビジビリティ)。

カルマと名声が上がりまくる

……と、まあ、獅子奮迅の活躍をしまして……カルマと名声ががんがん上がりました。

本当にすまないと思っている。

[DF]のギルドハウス

トレジャーハンティングのあとは、[DF]のギルドハウス(豪邸)へお誘いいただきまして。

ギルドメンバーのKashkaさんとEnd Sweepさんも合流しまして……。

ギルド[DF]に入団

ギルドへお誘いいただきました!返事はイエスです!

「よろしくお願いします!」

あと、三匹の純白クーシー(Cu Sidhe)に囲まれる砂漠オスタの心境を思うと夜も眠れません。

ここから本当の意味でのテイマー人生が始まりそうな予感がします。

桜のテイマーギルド“DragonFang”[DF]をブログともども愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

話は終わらぬ、何度でもよみがえるさ

エンドレスジャーニーの問題点

諸先輩方にお話を伺いますと、エンドレスジャーニー縛りの私には重大な問題があることが発覚しました。

  • 私の種族は人間である
  • EJアカにはペットの譲渡不可?
  • よって、私はクーシーに乗ることができない

エルフに転生して、クーシーをテイムして、人間に再転生する……という手順を踏めば仲間にできます。

が、私はもっと単純で、もっと強力な方法をひらめいてしまいました!

2002年2月某日に私をウルティマオンラインに誘ったリアル知人。彼の職業がテイマーだったのです。

とうの昔に引退済みではありますが、エンドレスジャーニーでログインできるはず!

エンドレスジャーニー同士だからこそペットの譲渡もできるはず!

時刻は深夜0時半ですが、善は急げです。LINEを送ってみました。深夜0時半ですが。

知人とうづわのLINE

既読にすらなりませんでした。