観光地を巡っていたら結果的に追われる身となった

Uzuwa@uzuwa)です。フリーの占い師です。この時期は確定申告でてんやわんやなのですが、ようやっと終わりました。この支配からの卒業です!

久しぶり(二日ぶり)にログインするウルティマオンライン。前回の記事で失敗に終わった桜シャードのテレポーターハウスに行ってみようと思います。




玄関開けたら二秒でアビス

テレポーターハウスのことを教えてくださったAnnikaさんのお宅から現地へと飛べるそうです。

ありがたく使わせていただきます。

郵便ポストならぬ郵便バックっぽいものがあったので、お礼の手紙を入れようとすると……。

「このコンテナはセキュアにセットされています」

意訳しますと「エンドレスジャーニーアカウントには使わせないよwww」ということです。

今まで幾度も幾度も辛酸を舐めさせられた言葉であり、そろそろエンジャニ縛りを辞めてもいいかもしれぬな!

※意味もなくソブリンを買って気持ちを落ち着かせました

「アビス行きテレポタイルです」

これ。きっとこれです。これを使えばアビスダンジョンのテレポーターハウスへと行けるはずです。

おそるおそるタイルの上に足を乗せると……。

すごいハウスに着いたあああ!

家のカスタマイズのあれこれはよくわかりませんが、きっと相当な手間がかかっているのでしょう。

匠の技が光りまくっております。

桜のテレポーターハウスのご紹介

内装も素敵です。もっと……こう……無機質な雰囲気だと想像していたので驚きました。

勝手に住もうかなあと本気で考えてしまったほどです。

テレポーターハウスの使用人として一生を終えるのも悪くない。

トイレまで完備されているとは!こういうこだわりは本当に素敵ですよね。

ラーフラ(トイレで寝ることで有名なブッダの息子)もびっくりです。ここなら私だって寝られます。

ダークウィスプも快適な空間でくつろぐ私を羨ましそうです。

ここでは血を見たくはないので、今回ばかりは見逃そうと思います。

一歩でも外に出たら瞬殺です(私が)。

そして、一階が各地へとつながるテレポート部屋になっています。

「Man Maru Mart & M*Style」

私が飛んできたAnnikaさんのお宅がこのテレポートタイル。あれ……名前が違う……?

「Abyss East Fort – Gargoyle Side」

ほかにもアビスダンジョンの東エリアにも行けたり……。

「Navrey Night-Eyes↑赤蜘蛛直通穴」

一瞬で「あ、ここに行ったら死ぬな」と察せるところがあったり……。

強く惹かれたのは「Coffee & Cigarettes」さんの謳い文句。

「世界を隅々まで踏破!」
「散歩の達人が築いた究極のルーンステーション!」

とにかくすごい自信です。行ってみるしかあるまい!

UO観光案内所

すげえええええ!

ここからウルティマオンラインのすべてに観光に行けるのだと考えると、熱いパトスがほとばしります!

あと、私が「ウォーリーをさがせ!」みたいになっています。

哀悼の花輪で故人に想いを馳せたり……。

晒し台で故人に想いを馳せたり……。

雪渓(Snowy Valley)でエルザに想いを馳せたり……。

すごく楽しい。すごく楽しい!

こうして時間を忘れて次々とウルティマオンラインの観光地巡りに興じまして……。

最終的に……。

どういうわけか、大量のラプターに追いかけられています。